ホーム  >  基礎知識  >  わきが・多汗症について

美容外科の基礎知識(イメージ)

美容外科の基礎知識 わきが・多汗症とは?

わきが・多汗症とはどのようなものなのでしょうか?また形成外科ではどのような事を行うのかまとめました。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

ワキガとは

ワキガは「腋臭症」と呼ばれる症状で、ワキから強い臭いが出る症状のことを指します。

ワキガは、ワキの中を通っているアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から汗が分泌されると、汗に含まれる皮脂が細菌によって分解され、独特な臭いを発します。

アポクリン汗腺からかく汗には、タンパク質や糖類、鉄分、アンモニアなどさまざまな物質が含まれています。これらの物質の割合は普段の食生活や体質などにより変化しますが、このようなさまざまな成分を含んだ汗が細菌によって分解されると、独特の発酵臭や酸っぱい臭いなどを発するようになります。

スポーツなどをしてかく汗はエクリン汗腺と呼ばれる別の汗腺から分泌される汗で、こちらはワキガのような強い臭いをともなわないことが特徴です。

汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の二種類があり、それぞれが全身に分布しています。エクリン汗腺は全身に分布していますが、アポクリン汗腺はワキ・乳輪・陰部・へそ・外耳など特定の部分にしかないため、ワキガ特有の臭いを発する場所は限られます。

したがって、エクリン汗腺しか通っていない場所から強い臭いがする場合は、別の原因があると考えられます。

多汗症とは

多汗症は汗をたくさんかく症状のことで、具体的な汗の量が決まっているわけではなく、汗をかく量が異常に多いと自覚されるものについて「多汗症」と表現されます。

緊張すると手のひらやおでこに大量の汗をかいたり、ちょっとしたことで背中や足の裏に異様に汗をかくなど、明らかに普段の汗のかきかたとは異なる場合には多汗症の可能性があります。

緊張しやすい場合や人ごみの中に入った時、体温が高い人、甲状腺機能亢進症などを患っている場合など、特定のケースについて多汗症の症状がみられる場合があります。

ワキガのセルフチェック

ワキガかどうかをチェックするためには、まず自覚症状があるかどうかを調べます。ワキの臭いをかいでみて、特有の臭いがあればワキガと判断することができます。

汗の臭いとワキガの臭いには明確な違いがあります。鋭く刺すような強い刺激臭の場合はワキガ、軽く酸っぱいような臭いは通常の汗の臭いと判断できます。ただし通常の汗の臭いでも、時間が経つと臭いが変化し、ワキガと見分けがつきにくくなりますので、できれば汗をかいた瞬間に臭いをチェックするようにしましょう。

ワキガのセルフケア

ワキガであると自覚できた場合は、普段からこまめにワキをケアしておくことが大切です。入浴時にワキをしっかりと洗い、余分な角質や皮脂を洗い流して、清潔にしておきましょう。

汗をかいたらこまめにトイレなどでワキの汗を拭き取るようにします。ワキ汗用のシートなどを貼って、汗を吸収させて臭いを予防するのも効果的です。

デオドラントスプレーやクリームなどで臭いを消すこともできますが、ワキガの臭いが強い方にとっては逆効果になるおそれがあります。ワキガの臭いとデオドラントの臭いが混ざり合い、より複雑で強烈な臭いに変化してしまう可能性がありますので、デオドラント製品は無臭タイプのものを選ぶと良いでしょう。

セルフケアが難しい、あるいは効果が得られない場合には、ワキガの治療を得意とする名医に相談するという方法もあります。

ワキガかどうかが判断できない、または多汗症でワキ汗が抑えられずワキガ臭が止まらないといった悩みについても、医師に相談することで、専門的な解決方法を提案してもらえます。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!