ホーム  >  基礎知識  >  美容整形で失敗しないために

美容外科の基礎知識(イメージ)

美容外科の基礎知識 美容整形で失敗しないために

整形手術に失敗したら…絶対避けたいことですが、整形手術を受けるのであれば、失敗した時のことも事前に考えておかなければいけません。整形手術に失敗しないようにするには何に気をつけるべきでしょうか。またもし失敗したら、どんな行動をすればいいでしょう?

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

美容整形のリスクをしっかり認識しておこう

近年では美容大国韓国の影響もあり、日本でも美容整形が身近なものになりつつありますが、ほとんどの美容整形にはリスクがあると考えておきましょう。針を刺したり、メスで皮膚を切開したり、体内に異物を入れたり、身体に何かしら影響させる行為なので、大きさの差はあれどリスクがあるのは当たり前ですよね。
全ての患者さんに起こり得るリスクのひとつとして挙げられるのが、医師との話し合いで意思の疎通が図れておらず、理想とは違う仕上がりにされてしまうことです。
また、一度は成功したものの、すぐに戻ってしまうというケースもあります。二重の埋没法などでも多くみられるケースです。使用する薬剤によっては体調を崩したり、肌や身体に発疹や腫れ、内出血などが出てしまう可能性もあります。
また、一番恐ろしいのが、取り返しのつかない結果になってしまった場合。例えばえらを削る手術では、近くにある神経を傷つけてしまうと、かみ合わせに違和感を覚えたり口を閉めにくくなったりなどの障害が出ることもあるそうです。
ほかにも、脂肪吸引治療などの高度な技術が必要な治療では、未熟な医師が担当することで、麻酔ミスや吸引時に周辺組織を傷つけてしまうなど、大きな医療事故に発展するケースも問題になっています。
プチ整形を含めた美容整形は、身体に直接メスなどを入れる医療行為です。どの施術を行うにせよ事前にしっかりと医師に確認し、失敗した際の処置や保険についても忘れずに相談しておきましょう。

美容外科選びの正しい知識と判断を身につけよう

美容整形での失敗やリスクを避けるためには、カウンセリングに行く前から正しい知識と判断を身につけておく必要があります。
美容外科を選ぶ時心得ておきたいのが、CMや雑誌、電車の広告でよく見かけるからといって安心できるクリニックだと信じきってしまわないことです。広告はお金さえ出せばいくらでも出せるもの。広告でよく見かける大手クリニックでも評判がとても悪いところや、あまり知られていないけれど良心的で満足度の高いクリニックも存在します。色々な意味で洗練されたクリニックを選びましょう。
実績や経験のある医師であることはもちろんのこと、医師が施術前に治療内容の説明をし、患者さんから同意をもらうインフォームド・コンセントをきちんと行っているか。また、治療に関する知識が深く不安や分からない点を丁寧に回答してくれるなど、医師として本当に信頼がおけるかが大切です。
そしてよく整理整頓された清潔な院内や治療器具なども重要です。受付スタッフの対応に配慮があるかどうかも確認しましょう。料金システムについても判らない点はどんどん質問しましょう。
気持ちよく治療に通うためにも、妥協せず根気よく良いクリニックを探すことが大事です。

失敗してしまった場合の焦らない対処法

万が一美容整形に失敗してしまったと感じたら、まずはその旨をクリニックに訴えましょう。良心的なクリニックであればすぐに対応や処置をしてくれるでしょう。
ただし、終わったあとに何を訴えようと全く相手にしてくれないクリニックがあることも事実です。電話でクレームを入れても「これから自然になっていくんです」と言われたまま時がすぎ、担当医に会うことなく泣き寝入りになる可能性もあります。
失敗されてひっこんでいられないという方もいらっしゃるでしょうが、個人対クリニックで戦うのは大変厳しく、裁判でも勝訴することも難しいのが現状です。もし整形手術の失敗を裁判所で争う決心をされた場合は、速やかに法律事務所などの専門家に相談するのが良いでしょう。
また、戦うのではなくとにかく整形手術の失敗を治したい、という方は、「他院修正」も検討してみましょう。これは技術の高いクリニックが他院で失敗してしまった症例を修正する施術メニューです。毎日鬱々とした気分でいると、どうしても『今度こそ!』と飛びつきたくなりますが、他院修正をしてもらう場合には、今度こそ良いクリニックかを見極めるのが大事!焦らず、じっくりとカウンセリングを重ね、名医に巡り合ってくださいね。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!