ホーム  >  治療法解説  >  にきび・ニキビ跡の美容外科治療について

治療法解説(イメージ)

美容外科のコンプレックス解消治療ナビ にきび・ニキビ跡の美容外科治療について 詳しく知りたい!

多くの方が悩んでいる大人にきびやニキビ跡。にきびは皮膚科で治す方法もありますが、より美しい肌を目指すには美容外科がオススメ。にきび・ニキビ跡を改善するために、美容外科ではどのような治療法が用いられているのでしょうか?

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

大人にきびは何故出来る?

思春期の頃ににきびに悩まされた方は多いと思いますが、大人になってからもしつこいにきびやニキビ跡に悩まされている方は多数いらっしゃいます。大人になってからのにきびは、「大人にきび」といわれており、思春期の頃に出来るにきびとは原因が異なります。
思春期にきびは10代の成長期にみられるもので、成長ホルモンの増加による皮脂の過剰分泌が主な原因です。この時期に男性ホルモンが多くなることで、皮脂腺の働きが活発になり、余分な皮脂が毛穴につまってしまうことでにきびが発生します。
一方、大人にきびには様々な原因が考えられます。よく言われる原因のひとつが、ストレスです。ストレスは、エストロゲンという女性ホルモンを低下させ、男性ホルモンが多くなることで思春期にきび同様皮脂が分泌されやすくなってしまうのです。
また、睡眠不足や不規則な生活、不摂生によってお肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーが乱れることで、老廃物が蓄積され、それがにきびを招く原因にもなります。ターンオーバーの乱れを直すには、まず生活習慣を改善していくことが大切です。

美容外科のにきび治療の方法とは?

にきびの治療を扱っている医療機関には、皮膚科と美容外科があります。
一般の皮膚科では、「にきびを治す」ことを目標としています。そもそも保険診療は日常生活に支障をきたす疾病を治すためのものなので、今あるにきびを治すことだけが目標となってしまいます。
一方、美容外科で行われているにきび治療は、にきびを治し、さらに肌を美しく整えることを目指しています。薬剤だけでなく美容機器を併せて用いることで、にきびやニキビ跡のない美肌へと導いていきます。
美容外科のにきび・ニキビ跡治療には、ピーリング・レーザー治療・サーマクール・レチノイン療法・内服薬治療などが採用されています。にきびを改善するためには、まず原因となっている汚れを落とすことが大前提。そこで、ケミカルピーリング剤を用いて余分な角質層を除去することでにきびの原因を取り除いていきます。
美容外科ならではの治療法が、レーザー治療です。レーザーを照射することによって毛穴縮小効果を得られ、コラーゲンを刺激することで美肌を目指せます。真皮に熱を与えることで皮脂腺の働きを抑制することもできます。

美容外科のニキビ跡治療の方法とは?

皮膚科での治療や自己ケアでも治る可能性の高い大人にきびとは違い、一度できてしまったら皮膚科での治療や自己ケアではなかなか改善されないのが、ニキビ跡です。ニキビ跡には、ボコボコとしたクレーターになっている跡や、炎症が原因で赤みが残ってしまう色素沈着などがあります。
大人にきびは治っても、どうしてニキビ跡は残ってしまうのでしょうか?
まず、皮脂が分泌されて毛穴の中に溜まっていくと、皮脂を栄養源とするアクネ菌が繁殖します。その後アクネ菌と免疫細胞が戦い、炎症のダメージが真皮の壁にあたることで異常なコラーゲンが大量に作られます。このコラーゲン組織は瘢痕と呼ばれ、その周囲に徐々に広がっていく場合と、毛穴の形が失われて大きな皮内瘢痕を形成する場合があり、これがニキビ跡となるのです。
ニキビ跡の改善のため、美容外科でよく利用されている治療法が、レーザー治療です。
真皮層に作用して凸凹ニキビ跡を改善し、同時に肌の表皮に浅く作用して色素沈着や毛穴などの改善を行う「フラクセルⅢデュアル」等が最新の治療マシンです。また、ピーリングや処方薬などを用いて複合治療をすることも多いようです。
にきびやニキビ跡によるコンプレックスは、美容外科で解消することができます。まずは気になるクリニックへ行き、医師に自身の症状を診てもらって、具体的な治療方法を尋ねてみましょう。きっと解決できるクリニックが見つかるはずです。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!