ホーム  >  治療法解説  >  デリケートゾーンに対する美容整形治療について

治療法解説(イメージ)

美容外科のコンプレックス解消治療ナビ デリケートゾーンの美容整形治療とは

人にはなかなか相談できないデリケートゾーンの悩み。「においが強い気がする」「スキニージーンズを穿くとデリケートゾーンに痛みや違和感がある」などにおいやムズムズ感に関する悩みは、自己判断で対処しようとすると粘膜や皮膚のトラブルが悪化してしまうことも。ここでは、それぞれの悩み・症状別に受けられる治療内容などをご紹介します。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

悩み1:デリケートゾーンのにおいが取れにくい!

デリケートゾーンからワキガと同じようなにおいがして、下着を履いていても臭っているのでは…と心配な方いませんか?それは、すそわきがと言って、アポクリン汗腺からの汗の分泌が原因かもしれません。すそわきがでは、下着の汚れなども多い場合があります。

おりものによる汚れは、生理周期によっても量が異なりますが、すそわきがにより下着が黄ばむ、下着の黄ばみの量が多い方は生理周期にかかわらず汚れやにおいがあるのが特徴です。

わきがのにおいは、アポクリン汗腺から分泌される汗と皮脂腺から出る脂肪酸が混ざり合い、細菌が繁殖することで発生。そのうえ、蒸れやすいデリケートゾーンは、尿のアルコール成分などと相まってにおいが強くなりやすい傾向にあります。

すそわきがの治療には、淫部を丁寧に洗うこと、通気性のいい下着を選ぶなどが日常の対策としてできる方法です。ただし、洗いすぎると、デリケートゾーンは皮膚が薄いため、かえって皮膚を傷つけ、においが発生しやすくなることが。どうしてもきになる場合には、病院での治療も検討しましょう。

すそわきがの治療法

すそわきがの治療には、基本的にわきがと同じ治療方法が検討されます。ただし、場所がデリケートですから、メスによる切開手術はあまり採用されることがありません。

例えば、アポクリン汗腺を電気で凝固・焼却する「電気凝固法」はダウンタイムも少ないことからかつては主流の治療法でした。また、「ビューホット」と言って、すそワキガ専用の機械を使い、アポクリン汗腺を破壊する治療は、治療時間が短く、1度の治療で終わる治療法です。このほかにも、ボトックス注射によりアポクリン汗腺を麻痺させる方法もあります。

出典: 「医学講座 わきが」看護学雑誌,34(8),1970

悩み2:デリケートゾーンが黒い気がする…

Vラインなどデリケートゾーンの黒ずみは、「恋人に見られたらどうしよう」「海やプールなど水着になるシーンが怖い」など、思い切り毎日を楽しめない原因になってしまいます。デリケートゾーンの黒ずみの原因はいろいろありますが、小さいサイズの下着やスキニーパンツを履いていることによるデリケートゾーンへの摩擦、お風呂でのゴシゴシ洗い、カミソリによるセルフ脱毛などが原因として考えられます。

黒ずみの正体は、メラニン色素ですから、対策としてはメラニン色素がたまらないよう、デリケートゾーンのターンオーバーを高めるために保湿ケアをすることが予防対策に。また、継続的に使えるのは、黒ずみ専用石鹸や黒ずみ専用クリームです。

デリケートゾーンの黒ずみの治療法

セルフケアには限界があり、確実に治したいなら美容皮膚科での治療も検討してみましょう。メラニンの生成を抑える外用薬「ハイドロキノン」は1ヶ月で5,000円から1万円ほどで購入できます。また、1回2〜4万円のケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを促進させ、新陳代謝を高める治療で1回2~4万円程度でトータル5回〜繰り返すことで黒ずみ除去が可能。

また、レーザー治療も美容皮膚科などで受けられる黒ずみ治療です。

悩み3:スキニージーンズを穿くとデリケートゾーンが痛い

スキニージーンズや、きつい下着を身につけていると、デリケートゾーンに摩擦が生じ、かゆみや痛みを生じやすくなります。デリケートゾーンの中でもVラインは特に下着のゴムにより圧迫が生じるため、摩擦が多い場所。

生理前後や整理中は、デリケートゾーンに炎症が生じやすく、痛みを特に感じやすいタイミングと言えます。

あまりに痛みが続いたり、子宮の周りに痛みがあったりする場合などは、子宮内膜症や腫瘍など婦人科系の病気のサインかもしれません。また、かゆみが強く、ヨーグルトのような白く濁ったおりものが生じている場合には、カンジダ症も疑われます。

このほかにも、性器ヘルペスと言って、デリケートゾーンにできてしまうヘルペスもありますので放置は禁物です。

婦人科で一度デリケートゾーンの検査を受けてみましょう。

出典: [PDF]「女性性器ヘルペス症の細胞学的検討」日本臨床細胞学会雑誌,31(6)1992(PDF)

恥ずかしがらずに気軽に相談を!

スキニージーンズやストッキングなどを着ていると湿気がこもってしまい、ムズムズやにおいも悪化しやすいデリケートゾーン。自分でなんとかしようと外用薬や過度に洗ったりすると、粘膜や皮膚が思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

女性のデリケートゾーン周りは、泌尿器・生殖器・消化器などを支えるための大切な場所です。カンジダ症など感性症のサインかもしれませんから、気になったら気軽に相談してみましょう。

女性ならほとんどの人が経験したことがある膣炎や膀胱炎。私の外来にも、おりもの、かゆみ、頻尿や排泄痛などを訴えて多くの患者さんが受信されます。その原因菌は性感染症のこともありますが、ほとんどは一般的な細菌性・真菌性のものです。「恥ずかしい」と思い悩み、ひどくなってようやく受信される方や、反復する方も多いです。医学的にはあまりにも初歩的なことであるためか、原因や対処法、予防法をきちんと説明されないまま、漫然と治療(洗浄)に通っている場合が多いようです。

出典:(PDF)「女性を悩ませるマイナートラブル 腟炎・膀胱炎」看護学雑誌,69(12),2005 [PDF]

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!