ホーム  >  治療法解説  >  口元の整形について

治療法解説(イメージ)

美容外科のコンプレックス解消治療ナビ 口元の整形について 詳しく知りたい!

女性の魅力を大きく左右するのが、口元です。唇の厚さ、形、歯並びによって顔のイメージが大きく変わるため、口元の整形をしたいと考えている方も多いのでは?口元の整形手術では、どのような手術法でどのようなコンプレックスを解消できるのでしょうか?

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

唇を厚くしたい or 薄くしたい!

口もとが相手に与える印象はとても繊細で、例えば唇ひとつとっても、薄すぎる唇は冷たく寂しげな印象を与えてしまい、厚すぎる唇は顔全体のバランスを悪く時にはだらしない印象を与えてしまうことがあります。しかし薄い唇や厚い唇のバランスを整え、理想の口元することが美容整形では可能です。
唇を薄くするためには、唇の内側の余分な組織を除去する方法がベスト。口を開けた時に亀裂が生じないよう形を整えながら除去していきます。粘膜は皮膚よりも修復力が高いので、傷口の治りが早いのが特徴です。
唇を厚くするためによく用いられている施術法が、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、アレルギーや副作用の心配もいりません。注射器で唇にヒアルロン酸を注入するだけで、唇がぽってりとボリューミーになり、さらにずっと潤っているような実感も得られます。
ヒアルロン酸の持続効果は1年ぐらいですが、自分の脂肪を注入する脂肪注入法という方法もあります。定着率も比較的よいので、半永久的な効果が期待できます。

ガミースマイルの悩みを解消!

笑った時に上唇が持ち上がり、歯ぐきが目立ってしまう口元のことを「ガミースマイル」といいます。ガミースマイルにお悩みの方は、歯ぐきが気になって笑うことを躊躇してしまい、メンタル面にも大きな影響を与えてしまいます。
簡単にできるガミースマイルの治療法は、メスを使わないボトックス注射が有名です。ボトックスは筋肉の働きを抑える効果があるので、上唇の筋肉の上がりすぎを抑制して歯茎を見えにくくします。また、外科手術によって上唇と歯ぐきの間隔を狭め、歯ぐきの見える幅を狭くすることでもガミースマイルは解消されます。
美容外科では、口元を美しくするための整形を専門に扱う審美歯科を設置しているところもあります。こうした美容外科では、外側から唇の形を魅力的に整え、審美歯科で口の中も美しく整える、まさに口元のトータルビューティーを叶えることが出来るのです。

進化する口もと整形術!こんな方法まで…

唇の厚さを修正したり、歯並びを整えたりするだけでなく、最近では多様なニーズに合わせて様々な口元の整形術が誕生しています。
近年流行している女性の可愛らしい口元の代表格として「アヒル口」がありますが、こちらも美容整形によってつくることができます。アヒル口になるためには薄い唇が必要であり、唇が厚すぎるとアヒル口にはなりません。唇を薄くする手術を行うか、上唇の中心あたりにヒアルロン酸を注入してアヒル口をつくります。
常に唇をセクシーに保てるのがこちら。内側から発光しているような唇を作りだす「グロス注射」と呼ばれる施術です。こちらは非常に低分子のヒアルロン酸を使用し、唇の形に沿って注入していきます。従来は、唇にボリュームを持たせるためにヒアルロン酸が使用されてきましたが、グロス注射では唇の色を美しくし、シワっぽさを解消する効果があります。
また、小悪魔的なイメージを与える八重歯を叶える「付け八重歯」も登場。ごく一部の審美歯科で施術が行なわれ始めているようです。とはいえ、一時の流行に乗って自身の歯を削ってしまうのはもったいないことでもあります。そうした方には、装飾歯を八重歯の位置に貼るだけで、歯を削らずに八重歯になれる、アクセサリー感覚の取り外し可能なタイプの製品もあります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!