ホーム  >  治療法解説  >  ワキガ・多汗症について

治療法解説(イメージ)

美容外科のコンプレックス解消治療ナビ 美容外科のタトゥー除去ってどんなことができるの?

お洒落目的で入れたタトゥーが、就職活動や子育てなどで邪魔になることがあります。タトゥーを消したい方は、美容外科でタトゥー除去を受けると良いでしょう。タトゥー除去ではどのような治療をするのでしょうか。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

タトゥー除去どんな治療をするの?

タトゥーはいくつかの方法で除去できます。方法によりメリットとデメリットは異なるので、内容をよく理解してから選択することが重要です。主なタトゥー除去の方法は次の通りです。

レーザー治療

レーザー治療は、墨の色素に反応するレーザーを照射してタトゥーの色素を粉砕する治療です。粉砕した色素は、ターンオーバーで外へ押し出されること、マクロファージに取り込まれて分解されることで体外へ排出されます。これらにより、タトゥーを徐々に薄くしていく治療です。

レーザー治療のメリットは手軽にタトゥーを薄くできること、傷跡が残りにくいことなどです。デメリットは、輪ゴムで弾いたような痛みがあること、タトゥーが消えるまで時間がかかること、タトゥーのデザインとレーザーの種類によっては効果を期待しづらいこと、タトゥーを完全に消せない恐れがあることなどです。最近では、レーザー治療のデメリットを改善したピコレーザーが登場しています。

切除法

切除法は、タトゥーを入れた部分の皮膚を切除して両端を縫い縮める治療です。タトゥーごと皮膚を切除して縫い縮めるので、小さなタトゥーであれば1回の治療で完全に除去できます。短期間でタトゥーを除去したい方に利用されています。

ただし、皮膚を切除して縫い縮めるので、タトゥーを除去した皮膚には線状の傷痕が残ります。また、大きなデザインのタトゥーを除去すると、傷跡がケロイド状になることもあります。あるいは、デザインによっては1回で切除しきれず、間隔をあけて複数回の治療が必要になることもあります。

削皮法(アブレ―ション)

削皮法は、専用の医療機器でタトゥーが入っている皮膚を削り取る治療です。皮膚の浅いところに色素が入っているタトゥーであれば1回の治療で除去できます。

また、切除法では対応しきれない大きなデザインのタトゥーも除去できます。とり切れなかったタトゥーは、レーザー治療で薄くすると目立たなくなります。

以上のメリットがある一方、傷跡が目立ちやすい、術後の赤みや盛り上がりが落ち着くまで時間がかかるなどのデメリットもあります。また、医師の技量により仕上がりに差が出やすいといわれています。

皮膚移植

皮膚移植は、タトゥーを切り取った場所に、太ももなどから切り取った皮膚を移植する治療です。削皮法と同じく大きなタトゥーの除去に適した治療法と考えられています。

素人目には最も仕上がりがきれいそうな治療法に思えますが、皮膚を移植した部分は火傷痕のようになり目立つとされています。もちろん、皮膚を採取した部分にも傷痕は残ります。

メッシュ法(採取した皮膚を特殊な機械で伸ばす方法)を選べば採取する皮膚の面積を小さくすることは出来ますが、この方法だと移植した皮膚に網目状の痕が残ります。移植した皮膚が生着しないことがある点も皮膚移植のデメリットしてあげられます。意外とデメリットが多い治療法なので、他の方法が選択できないときなどに選択する治療法と考えられています。

タトゥー除去の手術で失敗しないために・・

以上の方法などでタトゥーを除去できます。簡単に除去できると思われがちなタトゥーですが、タトゥー除去は簡単ではありません。それぞれの方法にメリット・デメリットがあり、タトゥーのデザインや大きさなどにより最適な治療法は異なります。タトゥーの除去を検討している方は、クリニックで無料相談などを受けて十分な情報を得てから治療法を選択しましょう。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!