ホーム  >  治療法解説  >  ワキガ・多汗症について

治療法解説(イメージ)

美容外科のコンプレックス解消治療ナビ ワキガ・多汗症の美容外科治療について

ワキガや多汗症が気になると、誰かに合うのが怖くなりますよね。あてはまる方は、ワキガ・多汗症の治療を受けてみてはいかがでしょうか。ワキガ・多汗症の治療の詳細を解説いたします。今後の対策の参考にしてください。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

内服薬と外用薬

軽度のワキガ、あるいは多汗症では、内服薬と外用薬が用いられています。内服薬で用いられているのが臭化プロバテリンです。臭化プロバテリンには汗を抑える働きがあります。

一方で、口の渇きなども引き起こすので継続的な利用は勧められていません。外用薬として用いられているのが塩化アルミニウム液です。塩化アルミニウム液は汗と臭いを抑えます。

ボトックス注射

主に、多汗症の治療として行われているのがボトックス注射です。わきの下に注射することで、多汗症の原因であるエクリン腺の活動を抑えて汗の分泌を減らせます。

ワキガの臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因なので、ボトックス注射では抑えられません。効果が持続する期間は数カ月~1年程度です。手軽さが魅力の治療です。

電気凝固法

軽度から中度のワキガの治療に行われているのが電気凝固法です。脇の毛穴に絶縁針を刺して電流を流しアポクリン汗腺を凝固する治療法です。

ワキガの臭いを完全に取り除くことは難しいですが、ある程度は抑えることが出来るとされています。そのため、完璧を求めない軽度から中度のワキガにお悩みの方にオススメされています。アポクリン汗腺に働きかける治療なので、多汗症は改善できません。

直視下摘除法(剪除法)

中度以上のワキガ・多汗症で広く行われているのが直視下摘除法です。脇のシワに沿って数㎝ほど切開し、皮膚を裏返してアポクリン汗腺・エクリン汗腺などを取り除きます。

医師が確認しながら臭いや汗の原因になるアポクリン汗腺・エクリン汗腺を取り除くので、最も安定した効果を期待できるといわれています。デメリットは、数日間のダウンタイムが発生することと傷跡が残りやすいことです。保険を適用できる場合があります。

吸引法

傷痕を気にする方から支持を受けているのが吸引法です。脇に小さな穴をあけてカニューレと呼ばれる管を差し込みアポクリン汗腺・エクリン汗腺などを吸引する皮下組織吸引法、カニューレの先端で超音波を発生させてアポクリン汗腺を破壊しながら吸引する超音波吸引法があります。

いずれの方法もアポクリン汗腺を完全に取り除くことは難しく、直視下摘除法に比べると効果は劣る、あるいは再発しやすいと考えられています。

シェーバー法

専用の医療機器で汗腺組織を削り取る治療です。皮膚をわずかに切開するだけで良いので傷痕は残りにくいとされています。一方で、ダウンタイムは比較的長くなることが多いようです。

高い効果を期待できるという意見もありますが、目視で汗腺の除去を確認できないので医師の技量次第という意見もあります。

ワキガ・多汗症治療の手術で失敗しないために…

ワキガ・多汗症の治療は以上の方法などで行われています。治療法により、ワキガは改善できるが多汗症は改善できない、身体にかかる負担・効果とも小さい、身体かかる負担・効果とも大きいなどの違いがあります。

ワキガ・多汗症の手術で失敗したくない方は、どのくらいの負担であれば許容できるか、どのレベルまでの改善を求めるかなどを明確にしたうえで治療法を選ぶ必要があります。知識がないと正しい選択をできないので、ワキガ・多汗症にお悩みの方はクリニックなどの無料カウンセリングで相談すると良いでしょう。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!