ホーム  >  名古屋の名医  >  二重部門の名医

名古屋の名医(イメージ)

美容整形外科 名古屋の名医を探せ! 二重部門 名古屋の名医は?

若い方を中心に圧倒的な人気を誇るのが「二重まぶた形成手術」です。このページでは、二重まぶた手術に定評のある名古屋の美容外科を紹介。各院が扱っている施術法にも注目して、納得のいく治療を受けられるようにしましょう。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!

二重部門 名古屋の名医はココ!

Clinic 1 水の森美容外科名古屋院(イメージ)

水の森美容外科名古屋院

患者さんの満足度が非常に高く、リピート率90%以上を誇る水の森美容外科の名古屋院。
竹江院長は全国的にも有名な美容整形の名医として、オールラウンドな施術治療を得意とし、二重まぶた手術は体験者から「腫れない」と評判。二重施術のメニューについて水の森美容外科では、埋没法、切開法、目の上脱施術、目頭切開等豊富な施術が取り揃っています。しかも他院に比べて価格が良心的なのが嬉しいポイント。効果についても高評価で、切開手術など、技術とセンスを必要とする二重まぶた手術でも、「仕上がりがとても自然でキレイ!」と人気を呼んでいます。

医師情報

水の森美容外科名古屋院では総院長と院長など複数人のドクターが在籍しています。水の森美容外科北海道院の院長も兼任している総院長の竹江ドクターは、日本美容外科学会や日本美容外科医師会の正会員のほか、麻酔科標榜医やボトックスVISTA、ジュビダームビスタの認定医でもあります。カウンセリングを大切にした姿勢と、多岐に渡る外科手術の実績が豊富です。

また、名古屋院院長の西川ドクターは、弘前大学付属病院の皮膚科での医師経験や医学博士号も保有している専門医。皮膚科や形成外科領域で高い専門性を誇ります。加えて、名古屋院に在籍している藤沢ドクターは、小児科や消化器内科、外科などの経験もあるドクターで、日本外科学会や日本消化器内視鏡学会など、美容外科以外の分野の学会にも所属しています。

ドクターそれぞれが多彩な経歴を持つ水の森美容外科名古屋院は専門性も高く、「美容外科かかりつけ医」として、コンプレックスを抱える方や美を追求する方のそばに寄り添うクリニックを目指しています。

口コミ・評判
水の森で埋没法を受けました。説明は受けていたし、自分でも調べてはいたのですが、手術の前日にどうしても失敗がこわくなり、念のため先生にメールをしたところ、すぐに丁寧な返答をくださいました。それで安心できましたし、術後の経過は良好で、心配していたダウンタイムも数日で済みビックリしました。本当にやってよかったです。
自分の腫れぼったい一重が大嫌いで、水の森美容外科で二重手術をやってもらいました。カウンセリングで先生に私の希望を伝えたらすぐに判ってもらえて、先生の説明も判りやすくて安心できました。手術後も痛みや腫れはほとんどなく、理想どおりのぱっちり二重になれて、いま心の底から嬉しいです!!
水の森美容外科で二重埋没法を受けました。たくさんの症例写真を見せてもらって、私の希望もじっくり聞いてもらえたので、事前のイメージがとてもしやすかった。ここなら夢を叶えてもらえると確信し、お願いしました。結果は大成功!手術したと思えないくらい自然でキレイな二重になれて大満足です。
10代からアイプチをしていたのですが、そのせいかまぶたがいつもかぶれているような状態に。旅行や彼氏の家でのお泊まりなどでもアイプチを外せないのが嫌で二重埋没法をしました。先生のカウンセリングでメエリット・デメリットを教えてもらったので信頼できました。
何件かの病院で二重整形のカウンセリングを受けたのですが、他の病院と比べてこちらはとてもカウンセリングが丁寧。どんな仕上がりになるのか、目にあうラインを時間をかけて決めてくださいました。麻酔を打つときにちくっとした以外は、痛みはありませんでした。術後の腫れが強かったのですが、メガネをすればわからないくらいでした。
Clinic 2 高須クリニック名古屋院(イメージ)

高須クリニック名古屋院

老舗美容外科として知名度が高いのが、高須クリニックです。36年の実績をもつ、美容整形業界第一人者ともいえる美容外科です。
今となってはどのクリニックでも扱われている二重手術埋没法ですが、考案したのは高須クリニックなのです。埋没法のパイオニアである高須クリニックでは、その実績からもやはり二重まぶた手術は人気。高須クリニックの埋没法では、一般的な治療法に、高度な技術を要する「高須式クイック二重術」を組み合わせることで、通常の治療法よりも取れにくくなるのが特徴的です。

医師情報

大手ならではとも言える、多数のドクターが在籍している点が魅力の高須クリニック名古屋院。2018年4月時点で、同クリニックHPには計8名のドクターが在籍する医師として紹介されています。

名古屋院の院長を務めるのは、高須幹弥ドクター。目や鼻の手術、美肌治療、豊胸手術、脂肪吸引など専門分野は多岐に渡ります。高須クリニックの創業者である高須克哉ドクターは、高須幹弥ドクターについて「ファッション雑誌も読み漁り、最新の流行を取り入れる努力をする医師」とコメントしています。大学病院での勤務経験や、日本形成外科学会専門医などの資格も保有するなど高い専門性を誇っています。

また、美容皮膚科の専門医として名古屋院に在籍しているのは、高須英津子ドクター。女性ドクターだからこそ、気軽にコンプレックスについて色々相談できそうです。

他にも名古屋院には、トヨタ記念病院で形成外科医長も務めた経験のある鵜飼ドクターや、シミやほくろ治療で評判のある服部ドクターなど多分野のスペシャリストが在籍しています。

口コミ・評判
名古屋の高須クリニックで二重手術を受けましたがとても自然なラインです。臆病な私は二重手術でさえも怖かったのですが、先生の優しさのおかげで先生に任せようと思えました。手術には点眼麻酔も使ってくれたので、最初から最後まで痛みはありませんでした。
他のクリニックで埋没を失敗して、その後高須クリニックの名古屋院で二重のミニ切開をお願いしました。カウンセリングがかなり丁寧で、そこでもう切開を決心していました。後悔はしていません!最初からミニ切開にしとけば良かったと思うほど満足しています。
年齢のせいか、目がぱっちり開かないようになり、頑張って目を開けようとするからなのか、おでこにシワができるようになりました。そこで、こちらで二重整形の手術を受けたのですが、直後にまぶたが紫になるくらいの腫れがありましたが、3ヶ月後にはメイクをしていれば跡が全くわからないくらいになりました。目の引き具合も良くなり、やってよかったと思っています。
起きているのに寝ているの?と、からかわれるくらい目が細いのがずっとコンプレックスでした。テレビのCMなどを見ていたため、名前だけは知っていたのですが、大手の方が安心と思い、カウンセリングに行ってみました。埋没法で6mm幅の二重をしてもらえて、仕上がりは大満足。手術も10、15分くらいだったので思ったよりも簡単でした。腫れは2週間くらい続いたので、夏休みなどあまり人に会わないタイミングで受けるのがオススメです。
Clinic 3 リッツ美容外科名古屋院(イメージ)

リッツ美容外科名古屋院

リッツ美容外科名古屋院は、斬新なアイディアで国際的に高い評価を得ています。また、セレブブランドとしても知られており、最先端の研究に力を注ぎ、最高水準の医療を提供しているのが特徴です。
リッツ美容外科で採用している埋没法は、従来のものとは大きく異なり、糸の掛け方を工夫し、固定点数を増やすことで一重に戻ってしまう可能性をほぼ無くしました。人気の6点固定は、消失率1%となっています。特殊な麻酔法を使用することによって、痛みも極限まで抑えています。

口コミ・評判
ここで埋没法6点留めを受けました。失敗例も何度か見たけど、私は満足しています。最初はすごく腫れたのでびっくりしましたが、すぐに腫れも引いてきました。6点だし、とれることもなさそうなので、今のところ成功できたと思います!
リッツ美容外科名古屋院で、二重の2点留めを受けました。何点がいいかすごく迷ったのですが、元に戻りにくく腫れも少ないこれが丁度いいかなと思いました。施術直後から、キレイなラインが現れ始めて毎日嬉しいです!もっと自然なラインになるまで楽しみです♪

二重形成の名医の出会い方

二重を作る整形手術には、大きく分けて「二重まぶた埋没法」と「全切開法」があります。埋没法は、仕上がりが自然で切開を加えないため自然な仕上がりになると言われています。しかしながら、最近では二重のラインがより作りやすいなどの理由から、全切開法により二重整形をするクリニックや症例も少なくありません。全切開法はまぶたの皮膚を切開し、切開したラインを二重のラインにする施術方法で、埋没法では二重のラインがすぐに元に戻ってしまう方にオススメと言われている方法です。しかしながら、この全切開法は、修正手術が必要となった時に、きれいに修正したり、元の一重まぶたに戻したりするのが難しい手術方法です[1]。そのため、医師の腕が非常に重要となってくるのです。

腫れが少ないといわれている二重まぶた埋没法でも、どうしても腫れてしまう場合があります。なぜ腫れてしまうのかというと、目の骨格に合わない広い幅を作りすぎてしまうことや、糸を強く縛りすぎてしまっていることが考えられます。これらは、二重の実績がない医師では何度繰り返しても失敗が続いてしまうもの。二重形成の名医は何度もシミュレーションを繰り返すことで腫れからは程遠い仕上がりを目指します。糸の適切な縛り具合を何度やっても毎回再現できるよう、専用器具を用いているクリニックなら安心ですね。
また、術後すぐに腫れてしまうのは、麻酔の使いすぎが大きいです。腫れを最小限に抑えるために、麻酔の量にも気を配っているクリニックを選びましょう。

[1]出典: 「最近の美容外科における二重瞼の矯正手術」医学のあゆみ,211(10),2004

クリニックの受付対応、雰囲気を見よう!

手術や施術を受けるにあたって、チェックしておきたいポイントの一つに「クリニックの雰囲気」や「受付対応」などが挙げられます。

自分と相性の良いクリニックかどうかというのは、初見では判断ができません。しかし、クリニック全体の雰囲気や印象、受付の対応力などから、安心して施術を受けるにふさわしい病院かどうかを判断することができます。

医師や看護師など、医療に直接関わっているスタッフの対応も重要ではありますが、受付は病院の顔とも呼べる場所。またクリニック全体の雰囲気は、そこに関わる人々を表しています。

つまり、クリニックの雰囲気と受付の対応の両方を見ることで、施術を受けるべきかどうかの材料にできるのです。

クリニックによっては、冷たい対応や言葉遣いをする場合があります。患者さんで混み合っている時などは特に仕事が立て込んでいて、名前を呼ばれるのが遅かったり、対応が雑になりがちで、確認を怠るようなケースもみられます。

しかし施術を受けるのは自分自身ですから、患者の目線でしっかりとクリニックの対応力を確認しましょう。

患者さん一人ひとりを大切にして、説明や最低限の対応を怠らないクリニックが最も理想的です。

カウンセリングを何件か回ろう!

受付やクリニック全体の雰囲気を確認したら、次にやるべきことはカウンセリングです。

カウンセリングには専門の担当者がつくことがありますが、クリニックによっては看護師がカウンセリングを行う場合もあります。

いずれにしても、カウンセリングの段階でいろいろな提案やアドバイスをしてくれることで、患者さんをどれだけ大切にしているかが判断できます。

しかし中には、カウンセリングできつい言葉を投げかけてきたり、患者さんの意志を尊重しない、予定とは別の施術や高額な施術を勧めてくるようなカウンセラーもいます。

そのクリニックが、本当に信頼に足るのかどうか、慎重に見極めていかなくてはなりません。

「医師に相談させてください」「ゆっくり考えさせてください」などと言い、カウンセラーだけの判断に惑わされないように注意したいところです。

一つのクリニックに決められない場合は、必要に応じて複数のクリニックを回り、カウンセリングを受けてみるのも手です。

複数件回ってみて、対応力や雰囲気、相談のしやすさなどから最適な病院を選ぶとよいでしょう。

症例写真を見てクリニックを選ぶ時のチェック項目!

次に参考にしたいのが、クリニックで閲覧できる「症例写真」です。クリニック内に貼りだされている場合もあれば、本のようにファイリングされてまとめられているクリニックもあります。

二重形成の場合、目元の印象次第で見た目が変わってしまうため、症例写真を参考に自分ならどの例に当てはまるかをイメージしておくことが大切です。

二重の幅、施術方法、仕上がりのイメージなどを踏まえたうえで、不安な点や術後のトラブルなどについて医師に説明を求めるとよいでしょう。

症例写真を見ながらクリニックを選ぶ際のチェック項目としては以下の通りとなります。

複数の症例写真があがっているか

症例写真が2,3件のクリニックも少なくありませんが、多くの症例を可能な限り閲覧できるクリニックが最も理想的です。

なぜなら、二重形成には人それぞれの個人差があるため、一つや二つの例では参考になりにくく、自分自身のケースに必ずしも当てはまるとは限らないためです。

さまざまな角度から撮影されているか

症例写真には、一ヶ所からだけでは判断がつきにくいケースがあります。特に遠距離から撮影されている写真については、仕上がりを良く見せるためだけに撮影を行っていると疑ってしまいます。

一ヶ所ではなく、できれば斜めや真横など、細かい部分まで確認できるように撮影された症例写真が理想的です。

美容外科 in 名古屋 口コミ比較総合ランキング結果!